MEDICAL

医療事務の求人はあるのか

人気の医療系の資格に、医療事務があります。

病院の受付で来院した患者さんの手続きをしたり、その日に行った検査や治療、診察などの医療費を計算し、会計を行うのが主な仕事です。

病院の受付にいることがほとんどのため、病院の顔とも言える重要な役割を担っています。

また、患者さんの病歴や個人情報が記載されているカルテを保管したり、することもあるため、他人の内容に触れやすい仕事内容になってしまうため、厳しい守秘義務があります。

さらに毎月10日までに前月分の医療費を保険組合に請求を行わなければならないため、レセプトの作成を行うために月初に残業などが発生することはありますが、それ以外では残業もあまりない職種です。

通信教育や通学の講座なども多くあるため、子育てが終わって新しく仕事を始めたいと思う人や、転職を希望する女性に人気の職業です。

講座を受講して医療事務の資格をとっていざ就職先を探そうと思っても、難しいという現状があります。

資格があればある程度の知識があるため有利ではありますが、本来医療事務は資格がなくてもできる仕事のため、資格がない人が選ばれる可能性があります。

さらに医療事務の資格を持っている人も多いため、1つの求人に多くの応募があります。

また、どの職業でもそうですが、求人する側も即戦力を求めているケースが多いため「経験者が優遇」されることが多いためです。

パートや派遣社員では募集しているけれど、正社員は募集しないという方針の医療機関も多いため、資格を取っていても就職は狭き門です。