MEDICAL

福祉求人が増えてきた求人傾向にあります

近年医療系の求人傾向として、福祉系の専門職の求人が増えてきた傾向にあります。

これは介護福祉士、社会福祉士関係なく増えている傾向にあります。

介護福祉士に関しては高齢化の社会の流れが要因となっていることが一番として挙げられます。

一方、社会福祉士に関しても同等の要因が挙げられますが、近年医療を必要とする高齢者を病院ではなく、住み慣れた地域で支援しようという社会の流れから社会福祉士の需要が高まったことが挙げられます。

また、一人の患者を必要以上に長時間入院させる訳にはいかないという病院の経営側の事情もその要因となっています。

そもそも、病院における介護という仕事は一昔前は看護師が行っていました。

しかし、看護師だけでは介護が回らなくなったことから、素人(ここでの素人とは看護師ではない人という意味です)が介護を行ってもよいのではないかという流れから介護の仕事を専門とした人が現れました。

したがって、病院における介護士とは言ってしまえば医療行為(痰吸引などは除く)を行わない看護師の助手的存在ということが言えます。

看護師も業務範囲が拡大し、かつ人手不足が深刻となっていることから介護士の需要が高まり、求人が増えていることが考えられます。

また、医療は限界があります。

医療で全ての病気が治せる訳ではありません。

そのため、介護もしくは生活支援という福祉の面に頼らざるを得ない現状にあるのも事実です。

そういった点も医療現場における福祉職の需要が高まっている要因として考えられます。

ただ、本来は医療と福祉は連携しなければいけない立場にあるにも関わらず、対立してしまうことが多くあります。

したがって、医療現場で働く福祉士はいかに医療側のスタッフと患者を調整していくか、違う立場ながらも協力していく視点を欠かさないかがポイントとなってきます。

現に、医療現場における福祉士はそれに悩んで辞めていく人も多いのも現状になっています。